・企画展示<流離譚>                  20210111新規
 
 流離譚と事実の狭間を新潮誌の連載回を追って道具蔵で展示した説明パネル、展示資料・史料をPDF化して紹介します。
 取り上げた話題への記載内容に コメントがあれば「連絡」または「問合せ」でお知らせ下さい。
  *次回の企画展示 安岡の家系圖関連

展示
対応
 新潮 発行号
新潮当該号
     の出だし 
取り上げる話題   PDFリンク
2020年 12月  昭和51年3月号 私の親戚に一軒だけ東北弁の家がある   小説に出て来るの訪問者「正光」は実際に章太郎の家を訪問したか  流離譚_01
2021年 1月   昭和51年4月号  しかし、じつのところ私には、田舎の墓地の話は何べん聞かされみても、よくわからない。  文助作成の家系圖で安岡源左衛門卒年と干支の組合せが不整合、流離譚では家系圖の記載と不一致は何故か。  流離譚_02
2021年
 3月
 
  昭和51年5月号  去程に国替り主改まりければ、国中の上下男女怖恐れて、・・。(土佐物語) 関ヶ原合戦後、・・   文助の名前の遷移、墓作りから文助のことを思い描く。
 今回の話のメインではないですが、藩政時代の火葬についてご存知方情報の連絡をお待ちします。
  流離譚_03



                      ● 展示場(道具蔵)へ

                      ● 安岡家住宅<重要文化財>先頭へ