表座敷南妻

安岡の家にあった文書

  安岡家には古文書、昭和の教科書、種々雑多な文書、葉書などが残されています。
 東の座に叔母、従兄弟が整理した古文書、米蔵の2階の本棚に土にまみれた教科書、
 昔のブックケース(木箱 下の写真参照)などに収められていた冊子、
 古文書(根居帳、手紙、写真など) あり現在も一部整理中です。
 また、今回の解体工事などで襖、壁の下張りからも資料が出て来ました。
 これらを紹介します。
 安岡の家の資料で1990年代後半に行方が不明の物があります。
                行方をご存知の方、連絡をお願いします。 
米蔵二階の本棚

   

米蔵二階にあった古文書の本箱
   
 
   ● 建白書の写し(2010年3月31日)
   ● 奉願口上(褒賞)(2010年5月29日 更新) 
   ● 宛リ證文と押印(2010年1月15日) 
   ● 文助日記(一部)(2010年7月3日 更新) 
   ● 入湯願指出(2010年7月3日 更新) 
   ● 文助日記の最後と系図(2010年10月2日 更新) 
   ● 子年菊日記 客間障子工事記録(2010年12月31日 更新) 
   ● 正徳獄中から正風へ(2011年4月5日 更新) 
   ● 大工への支払記録(2011年7月3日 更新) 
   ● 建物に残された墨書(2012年4月18日 更新)
   ● 古い写真から(2019年10月14日 更新)
   ● 古い写真から_2(2019年10月14日 更新)
   ● 旅日記(廣助) (2016年10月5日)
   ● 襖下張 (2017年1月6日)
   ● 旅日記 恒之進江戸へ (2017年4月12日)
   ● 旅日記 恒之進江戸から戻る (2017年4月12日)
   ● 恒之進と覺之助 (2017年7月12日)
   ● 安岡権馬正徳傳 (2019年5月15日)
   ● 古い絵葉書から_高知編(2019年10月14日 新規)
 
                 ● 安岡の家住宅<重要文化財>先頭

  

凹み